リアルタイムレポート

サザンオールスターズ part1 @夢のエリア メインステージ

sas_k3I6441.jpg


さあ、しんがりは祭りの首謀者・桑田佳祐を先頭に、松田弘、野沢“毛ガニ"秀行、原由子、関口和之が、2006年、初めての生のステージへのお目見えである。サポートメンバーを伴って、期待の渦の中へ。
クライマックスへ向けて、わずかのインターバルをワクワクさせながら待っていた6万人が、まさに総立ちとなった。ウォーという大歓声と拍手、拍手、拍手の波。
そして出てきたのが、「勝手にシンドバッド」のキツーイ一発。見事なストレートパンチじゃないか。野沢のサンバホイッスルがうれしい。もう皆が御輿の担ぎ手。ステージも客席も一体と化していった。
「サザンでーす。きょうは皆ありがとねー。大丈夫ですかー」と桑田が呼びかけた。2日間、旗振り役として、それぞれのミュージシャンを盛り上げてきた責任はひとまず置いて、サザンのパフォーマンスに専念する喜びがあふれる。
渋く「BREEZE」をキメ、「赤い炎の女」では斎藤誠のアコースティックギターが光った。昨年の壮大なツアーを思い起こさせる「ごめんよ僕が馬鹿だった」では、平松八千代、関口、桑田、斎藤の4人がフロントプレイで楽しさを再現。たたみかけるポップロックの王者のステージングに、6万人がただただ酔いしれる。
夏の名曲「真夏の果実」もやってくれた。そして通算52作目の最新シングル「DIRTY OLD MAN〜さらば夏よ〜」が炸裂。セクシーなダンサーたちがパーティーに彩りを添えた。「OH YEAH!」「OH NO!」の大合唱が響き渡った「ボディ・スペシャルU」からはクライマックスの中のクライマックス。もうやらないのか、とも思われた桑田のヅラも元気に復活。浜名湖名物うなぎをのっけて爆笑と熱狂の「マンピーのG★スポット」だ。底抜けに楽しい瞬間の連続。「夏は終わっちゃうけど、毎年皆とまたこうして会えたらいいね」と興奮を抑えきれない桑田が語りかけた。


sas_tokkou_2.jpg

サザンオールスターズ part2 @夢のエリア メインステージ

_R8J1280.jpg


絆を確かめ、あるいは新たに結び、想い出につなげた2日間。ハラボーのピアノが始まってフィナーレは、「希望の轍」だった。桑田が友を呼び入れ、ミスチル/桜井、GLAY/TERU、福山、BEGIN/栄昇、ポルノ/昭仁という豪華リレーが実現。どの顔も心からの笑顔、心からの歌声だ。「ありがとー」。「サイコー」。口々に叫んだ感謝は、6万人の思いそのまま。また、一つ物語が紡がれた。


1.勝手にシンドバッド
2.気分しだいで責めないで
3.みんなのうた
4.BREEZE
5.Moon Light Lover
6.赤い炎の女
7.シュラバ★ラ★バンバ
8.ごめんよ僕が馬鹿だった
9.真夏の果実
10.DIRTY OLD MAN〜さらば夏よ〜
11.ロックンロール・スーパーマン
12.ボディ・スペシャルU
13.マンピーのG★SPOT
14.希望の轍

※8/26は「八月の詩(セレナード)」を9曲目に演奏

_X9X1910_.jpg

福山雅治 @夢のエリア メインステージ

「その男、美貌につき…」とジングルのビデオ映像でアナウンスされた途端、「キャーッ」という悲鳴に近い歓声が、この日初めて上がった。ステージの左右に仕込まれていた風船が放たれ、ひときわ華やいだ演出。ハートもいかした美しい男が、満を持して6万人の前に現れた。
すでに大観衆にたじろがないほどの経験を積んでいるとはいえ、デビュー当時以来の野外フェスだ。白の衣装がとっぷり暮れた夜空に映える。
文字通りの「HELLO」であいさつ。「LOVE TRAIN」ではブルースハープを手にステージ上手に走って汗をにじませる。ワイルドも十分魅力的だ。
夏の夜の雰囲気を優しく感じれるバラード2曲、最新シングルから「あの夏も 海も 空も」、「milk tea」を披露してロマンティックにしめた。


1.HELLO
2.BEAUTIFUL DAY
3.LOVE TRAIN
4.RED×BLUE
5.虹
6.あの夏も 海も 空も
7.milk tea


fukuyama.jpg

Mr.Children (8/27 SPECIAL GUEST)

何とも荒っぽい紹介ではないか。「敬称をつけたガキ共」。読んで字のごとしのコピーは、もちろん親愛の情の表れである。
まだ明るい空の下に、ピンクのシャツを翻した桜井和寿をはじめとして鈴木英哉、中川敬輔、田原健一が、さっそうと姿を見せた。弾かれたように小走りで出てきた桜井に、悲鳴のような歓声が上がる。何事かを叫ぶ桜井。そこに立つ心地よさを全身で感じているようだ。最初の「未来」で、しっかり手拍子がわき起こる。いきなりミスチルワールドに引き込むパワーは、さすがと言うしかない。
「ミスター・チルドレンです。イエー! もしよかったらいっしょに歌ってください」。そう呼びかけて、「innocent world」へ。確かな名曲に、しばし聴き惚れ、そしてともに歌うファン。
やっぱりガキじゃない、実にミスターなのだ。「箒星」まで7曲40分、気負いや野心とは別のところにある、澄んだロックを奏でた。


1.未来
2.innocent world
3.ほころび
4.Sign
5.終わりなき旅
6.Worlds end
7.箒星


mrchildren.jpg

加山雄三 with 桑田佳祐 special band (8/26 SPECIAL GUEST)

ご存知「光進丸」が悠々と航海する映像がスクリーンに映し出され、いよいよ世紀の共演の始まり。
「加山雄三船長でーす。」という桑田の紹介で、永遠の若大将の堂々の登場だ。ブルーのTシャツに真っ白なパンツ。ギターを抱えた桑田は赤と白の横じま模様のネイビーシャツにスカーフを巻いている。ほかのメンバーもセーラー服などに統一。船長とそれに従う乗組員というノリなのだ。
テーマソングとも言うべき「光進丸」を意気揚揚と歌い上げた船長加山。たちまち、そこは大海原を進む船の甲板のステージのように見えた。「いや、すごいね。オレ生まれて初めてだよ、こんなステージ。最初で最後だと思う」と6万人に驚く船長である。
40年前、初来日したビートルズと対面したことや、日本で最初に手作りのボードでサーフィンをしたことなど加山のトリビアを紹介した桑田。テレながらも、まんざらでもない加山。互いに茅ヶ崎出身という縁で結ばれ、桑田のラブコールで実現した夢のステージ。「旅人よ」を歌いながら、加山が桑田の肩に手をかけて、日本が生んだ若大将のツーショットが何とも言えないオーラを放った。
まだある。桑田からのサプライズ・プレゼントは9月に結婚を控えた加山の長男からのビデオメッセージだった。偉大な親父への敬愛の弁を述べる息子の言葉に、思わずグッときた若大将。生涯忘れられない「君といつまでも」につながった。
「サイコーだよ、桑田クン。」何度も繰り返す加山。隅々まで心のこもったリスペクトを形にした40分は、あっという間。
ラストソング「海その愛〜夕陽は赤く」の勇ましいメッセージは、燃える夕陽の映像と共に、ファンの胸に熱い思いを刻みつけた。


1.光進丸
2.夜空の星
3.蒼い星くず
4.ある日渚に
5.夕映えの恋人
6.熱風
7.お嫁においで
8.旅人よ
9.ブーメラン・ベイビー
10.ブラック・サンド・ビーチ
11.君といつまでも
12.海その愛〜夕陽は赤く


kayama.jpg

ポルノグラフィティ @夢のエリア メインステージ

まず自分たちが楽しくて仕方がない、その気持ちの表れがコスプレである。岡野昭仁、新藤晴一がナース服で登場。曲は真剣な「DON'T CALL ME CRAZY」。決してクレージーじゃない、オーディエンスを喜ばせたいだけ。手に持った看板には「体調が優れない方はお近くの係員までお申し付け下さい」という彼らの心遣いのメッセージ。ステージ上での生着替えもご愛嬌だ。

「皆さーん、夢人島にやってきて、盛り上がってますかー? わしらがポルノグラフィティじゃ。」広島弁で語りかける昭仁のフレンドリーさが、また会場を盛り上げていった。

ファンにマイクを向けてアカペラから入っていった「Mugen」。7月に横浜スタジアム2デイズを成功させて、また一回り大きくなった自信なのかもしれない。
「ミュージック・アワー」で躍らせて、最後の「ハネウマライダー」では、誰もがタオルを振り回し、会場が一つに。
直射日光が幾分弱まった会場は、熱を帯びたまま祭りの佳境へ突き進む。


1.DON’T CALL ME CRAZY
2.アゲハ蝶
3.Winding Road
4.Mugen
5.幸せについて本気出して考えてみた
6.ミュージック・アワー
7.ハネウマライダー


pornograffitti.jpg

GLAY (8/27 SPECIAL GUEST)

リスペクトする氷室京介とのジョイントという夢が実現したのが、つい1ヶ月前のこと。味の素スタジアムを燃え上がらせて、きょうは浜風に吹かれにやってきた。

静かなピアノソロからのイントロ。「HOWEVER」は緊張気味だったのだろうか?「夕べはあまり眠れずにやってきてしまいました」とTERUが打ち明けた。数々のライブを成功させても、新たなステージを迎える時の武者震いのようなものだろうか?
桑田への感謝を述べた後、リリース前の新曲「夏音」を、じっと瞳を閉じて歌い上げた。

後半の3曲は、エンジン全開で、GLAYの魂をぶつけた。渾身のテクを披露したHISASHI、JIROが飛び上がって演奏すれば、ファンもついていかないわけにはいかない。

仕上げは「誘惑」だ。めくるめくロックに思いの丈を詰め込んで、TAKUROが両腕を何度か振り下ろして、会心のライブだったことを示した。


1.HOWEVER
2.ROCK’N’ROLL SWINDLE
3.グロリアス
4.夏音
5.彼女のModern…
6.ピーク果てしなくソウル限りなく
7.誘惑


glay.jpg

Dragon Ash (8/26 SPECIAL GUEST)

見るからに夏がピッタリの男たちがやってきた。真っ赤なタンクトップとパンツに身を包んだボーカルのKjは、最後の夏の暑さに挑むかのよう。あいさつ代わりの1曲目「Life goes on」のイントロが鳴り出すと、会場は一気に夏フェス独得の雰囲気に。
総立ちの観客が両手を上げて左右に揺らめかせる光景が、スクリーンに映し出された。
ダンサーのATSUSHI、DRI−V がひたすら軽快なステップを踏み続ける。最新曲「IVORY」で、手拍子をあおり、ドンドン乗せてゆく。ステージにそびえ立つ“女神”のマイクを持った手首が、まるでリズムに合わせるかのように風になびく様子が面白い。
「オレら呼ばれて、何できるんだろうっ?て、すげぇ考えたんだけど、10年やってきたこと、それを単純に楽しもうってココに立ったんだ。」
「すげえ楽しいし、一つになって帰ろうゼ。」
Kjの熱い言葉に呼応するオーディエンス。ナィーブを分厚い音に隠した、強烈なスパイスが弾けた40分だった。


1.Life goes on
2.Crush the window
3.IVORY
4. Palmas Rock feat.UZI-ONE
5. Loca Burnin’ feat. アイニ, Shinji Takeda
6.Fantasista
7.静かな日々の階段を(ori)
8.Viva la revolition


dragonash.jpg

BEGIN @夢のエリア メインステージ

祭りの先導を担って比嘉栄昇、島袋優、上地等がおなじみのハワイアンシャツで登場すると、待ちかねたファンから盛大な拍手がわき起こった。
1曲目は3人だけでの「恋しくて」。シンプルな音、栄昇の耳ざわりのよいボーカルが、広々とした会場をおおってゆく。
出身地の石垣島から船で約15分の距離にある竹富島は人口約300人。「今日は6万人でしょ。人が多すぎて、緊張の仕方もわからない。」と笑わせた栄昇。のどかな中に、自分たちの音楽への揺るぎない確信と貫禄さえ漂わせる。
「竹富島で会いましょう」に続いて10/25にリリースされる新曲「三線の花」を披露。
三線の響きとともに、会場には沖縄からの風が舞った。

今や、この時代を生きる人たちの共通の宝物になった「島人ぬ宝」で、6万人のハートがキュンとなった。


1.恋しくて
2.波
3.竹富島で会いましょう
4.三線の花
5.島人ぬ宝


begin.jpg

私たち楽しんでま〜す!! part2

「今日のランチは、オムライスと焼飯です!」と、仲良し3人組。サザンを見に来ました。
0827_food3.jpg


フェスグッズのパンフレットに記念スタンプ押しました。サザンやいろんなアーティストを見たいです。
0827_stamp2.jpg


竹とんぼ作りに挑戦した愛知県から来た2人組。今日は、福山さんを見に来ました!!
0827_take2.jpg


電気機関車に乗って移動中です!!
0827_train2.jpg

日別アーカイブ

アーティスト別アーカイブ

最近のエントリー