アミューズ

アミューズ公式SNS

映画

2018

焼肉ドラゴン

焼肉ドラゴン

演劇賞を総なめにした伝説の舞台、待望の映画化!

【舞台 焼肉ドラゴン 受賞歴】
●日本
・第43回紀伊國屋演劇賞 個人賞(鄭義信)
・第8回朝日舞台芸術賞 グランプリ
・第12回鶴屋南北戯曲賞 (鄭義信「焼肉ドラゴン」)
・第16回読売演劇大賞 大賞・最優秀作品賞
           同 優秀男優賞、優秀女優賞、優秀演出家賞
・第59階芸術選奨 文部科学大臣賞(鄭義信「焼肉ドラゴン」)
●韓国
・韓国演劇評論家協会の選ぶ2008年今年の演劇ベスト3
・韓国演劇協会が選ぶ 今年の演劇ベスト7

公開:2018年6月22日(金)
原作・脚本・監督:鄭 義信
出演:真木よう子 井上真央 桜庭ななみ / 大泉 洋
配給:KADOKAWA / ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
Ⓒ2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

ストーリー

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。
関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、
静花、梨花、美花の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。
失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に
働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男など
騒がしい常連客でいつも大賑わい。
〝たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になるー”それが龍吉のいつもの口癖だ。
そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

オフィシャルサイト

パパはわるものチャンピオン

パパはわるものチャンピオン

大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演で待望の映画化

公開:2018年9月21日
出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/
   大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文
原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」
作:板橋雅弘 絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平 主題歌:高橋優「ありがとう」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン 配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

ストーリー

大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。

まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか―。

オフィシャルサイト

リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジ

監督・行定勲×原作・岡崎京子×主題歌・小沢健二
欲望と焦燥の中で生きる、衝撃の青春ストーリー!

河原に放置された〝死体”がつなぐ、秘密の共有とゆがんだ絆。
伝説のコミック、岡崎京子の衝撃作がついに映画化!

公開:2018年2月16日(金)
出演:二階堂ふみ 吉沢 亮 
   上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川 葵
原作:岡崎京子(『リバーズ・エッジ』宝島社)
監督:行定 勲
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
配給:キノフィルムズ/木下グループ
製作:「リバーズ・エッジ」製作委員会
Ⓒ2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

ストーリー

若草ハルナは彼氏の観音崎がいじめる山田を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、
放置された〈死体〉を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句する
ハルナ。さらに宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえが現れ、3人は
友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。ゲイであることを隠し街では売春をする山田、
そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ、暴力の衝動を抑えられない観音崎、大量の
食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ。
閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。
そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたとの報せを山田から受ける…。

オフィシャルサイト