アミューズ

アミューズ公式SNS

映画

2019

そらのレストラン

そらのレストラン

笑顔と出会うたび、人生はおいしくなる気がする
北海道・せたなの"海が見える牧場"。豊かな自然が育む、チーズと仲間の物語。

『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズ第三弾。

公開:2019年1月25日(金)全国ロードショー
出演:大泉 洋 本上まなみ 岡田将生
   マキタスポーツ 高橋 努 石崎ひゅーい 眞島秀和 風吹ジュン 小日向文世
監督・脚本:深田栄洋
脚本:土城温美
音楽:平井真美子
製作:『そらのレストラン』製作委員会
配給:東京テアトル
©2019「そらのレストラン」製作委員会

ストーリー

「いただきます!」毎朝元気な声が響く明るい食卓で笑い合うのは、北海道・せたな町で暮らす亘理(わたる)、
妻のこと絵、一人娘の潮莉(しおり)の3人家族。海が見える美しい牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む
亘理は、大好きな家族と仲間たちに囲まれ毎日幸せいっぱいだ。東京からやってきた若者・神戸や、札幌の
天才シェフもいつしか仲間に加わり、亘理はあることを思いつく。
それは、せたなの「おいしいもの」たちを、もっとたくさんの人に届けるため1日限定のレストランを開く
ことだった。

今日も、みんなの「いただきます」が、しあわせに響きますように。

オフィシャルサイト

フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

“フォルトゥナ”とは運命の女神。
その瞳を持ってしまった者には
「死を目前にした人が透けて見える」という不思議な力が宿る。

ある日突然不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の〝死の運命”を目の当たりにし、
その運命に立ち向かおうとする、切なくも美しい愛を描いた物語。
2019年、心震える珠玉の“ファンタジーラブストーリー”が誕生する。

公開:2019年2月15日(金)全国公開
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)
監督:三木孝浩(『アオハライド』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』、『恋は雨上がりのように』)、三木孝浩
音楽:林ゆうき
出演:神木隆之介 有村架純
   志尊 淳 DAIGO 松井愛莉 / 北村有起哉
   斉藤由貴 時任三郎
配給:東宝

ストーリー

大切な人の“死の運命”が見えた時、あなたはどうしますか―――

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】は、友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた。
しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―――フォルトゥナの瞳―――を持っている
ことに気づき、生活が一変してしまう。自分はなぜこんな力を持ってしまったのか―――苦悩する日々の中、
偶然入った携帯ショップで【桐生葵】という女性に出会う。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる
彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合い幸せな日々を
過ごす2人。しかしそれもつかの間、突然葵の身体が透け始めてしまう・・・

オフィシャルサイト

サムライマラソン

サムライマラソン

豪華オールスターキャストとアカデミー賞(R)スタッフが贈る
史実に基づく幕末エンタテインメント

行きはマラソン、帰りは戦(いくさ)。
“勝つ”ためではなく、“守る”ために走った侍達の物語。

公開:2019年2月22日(金)全国ロードショー
出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
   青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ / 竹中直人
   筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
   豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(角川春樹事務所刊)
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
© “SAMURAI MARATHON 1855” Film Partners

ストーリー

時は幕末。
黒船の脅威に揺れる幕府に不満を抱く安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、
十五里(約58㎞)の道を走らせる遠足(とおあし)の開催を宣言する。
優勝者の望みはなんでも叶えられるという恩賞つきだ。
「姫と結婚したい」「侍になりたい」「もう一花咲かせたい」…それぞれの願いを胸にスタートを切った
侍たち。
だが、大会は欲に目がくらんだ者たちの足の引っ張り合いにより、泥仕合に。
一方、大会の裏で恐るべき陰謀が進められようとしていた。
勝明を嫌う幕府の大老が、遠足を“謀反の動き”とみて藩士不在の安中城に刺客を差し向けたのだ。
そして、大会出場者の中にただ一人、この計画に気づいた者がいた。男の名は唐沢甚内。
幕府の命令で藩に潜入している“忍び”だ。
「幕府か、藩か」忠誠心に揺れ動く甚内だったが、長い潜入生活で愛するものを藩に得た彼は、
仲間たちに危機を告げ、共に戦うために走ることを決意する―――。

オフィシャルサイト

まく子

まく子

大人になりたくない僕が
恋をした不思議な少女。
彼女がまく奇跡に
世界は美しく輝きだす

直木賞作家・西加奈子の傑作、ついに映像化!

公開:2019年3月15日(金) テアトル新宿ほか全国ロードショー
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)
出演:山﨑 光 新音 須藤理彩 / 草彅 剛
   つみきみほ 橋本 淳 村上 純(しずる) 内川蓮生 根岸季衣 小倉久寛
監督・脚本:鶴岡慧子
主題歌:高橋 優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
配給:日活
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

ストーリー

小さな温泉街に住む小学5年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいる。
ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。
女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいにはなりたくなかった。
だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。

そんなとき、コズエがある日突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、
なんだって「まく」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった…。

閉ざされた小さな町に、少女は何をまいたのか――――――

世代を超えて気づきをくれる、再生と感動の物語

オフィシャルサイト