安田顕が最近心満たされた瞬間は、、、?映画「ホテルローヤル」完成報告会

北海道は釧路のラブホテを舞台にした、映画「ホテルローヤル」。原作は累計発行部数100万部を超える桜木紫乃さんの直木賞受賞作。波留さん演じる、ホテルローヤルの一人娘・田中雅代を中心に、それぞれの登場人物の切ない人間模様、人生の哀歓が描かれます。

11月13日(金)の公開に先駆けて、完成報告会が都内で行われ、波瑠さん、夏川結衣さん、岡山天音さん、武正晴監督とともに安田顕が出席しました。

安田は主人公の父で「ホテルローヤル」創設者であり経営者の田中大吉を演じます。

☆IMG_8633.jpg

演じた田中は安田の実年齢よりも上、ということで、本作の役作りについては
「メイクさんに老けメイクをしてもらって、恰幅の良い男性という指示が監督の方からありました。それも衣装さんに作っていただいて、本当に周りの皆さんのおかげで出来上がったものだと思います。あとうちの親父は室蘭市で溶接工で職人めいたことをやっていましたので自分の親父を思い浮かべながらやりました。自分も映画を拝見したんですけど違和感なく親父でしたね」と振り返りました。

☆IMG_8610.jpg

印象的なシーンは、と聞かれると
「ひとつのシーンというよりかは時代が移り変わるときの場転換がすごく好きでとても素敵だなと思いました。ほかには見晴らしの良い部屋で波留さん演じる娘が釧路湿原の画を描いてそれを親父が見ているシーンですね。あれがあると無いとじゃ父親の大吉のイメージって全然違うと思います」と。安田チョイスの印象的シーンはぜひ劇場にてお確かめください。

本作で描かれるラブホテル「ホテルローヤル」は、誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人が寄り添う場所で体だけじゃなく心も満たされる場所。そんなところから、、、最近、登壇者が心が満たされた瞬間について聞かれると、
「自粛期間があって私も細心の注意を払って大江戸温泉物語やスーパー銭湯に行って。細心の注意を払ってすっぽんぽんになって、ざばっとお風呂に入ってサウナにも入った後に垢すりマッサージをして満たされましたね」と笑顔で語りました。

岡山さんは匂いフェチでシャンプーの匂いが好きだと明かすと、MCの方から匂いに満たされることはあるのかと追加質問をいただいた安田。
「うちで飼っている犬は私がオナラをすると必ずその匂いを嗅いできます。あのときあの子は満たされているんだろうなと思います」と会見の笑いを誘っていました(笑)。

☆IMG_8654.jpg☆IMG_8635.jpg

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./