石賀和輝がクールな刑事役で出演中!舞台「真夜中のオカルト公務員」

東京23区すべての区役所に人知れず存在する「夜間地域交流課」。そこは“オカルト的事象”を解決する、特殊な課だった!

117日(土)まで新宿FACEにて上演中の舞台「真夜中のオカルト公務員」に石賀和輝が出演中。
本作は、KADOKAWAWebコミック配信サイト「コミックNewType」にて、現在も連載中のたもつ葉子氏原作の人気作品です。

②IMG_8817672.jpg

妖怪、精霊、神々…一般の人間には感知されない超常的存在、通称「アナザー」。
一般的に「オカルト」とも受け止められるこれらを認識し、関係者への調査、アナザーの観察・監視、ときにアナザーに起因する現象に対し警察などの他機関と連携を取りながら対応する公務員の特殊な部署「夜間地域交流課」が東京の各区画に配置されていた。

新宿区役所に何も知らないまま配属された新人・宮古新。同僚からの手ほどきによりアナザーを視認できるようになり、機関の実態を解説されながら初業務をこなすうちに、自身がアナザーの声を聞ける「砂の耳」を持つ稀な特異性質であることが判明する。

これは、人間と違う異質なものたちとの平穏な共生を図りながら、都内でのオカルトが関係するとされる事件に対応する夜間公務員の物語。

③IMG_8875672.jpg
④IMG_8890672.jpg

石賀は、夜間公務員のひとりで、警視庁0課・玉緒勝己を演じています。

アナザー案件専門の刑事として、新宿区役所のメンバーや都庁のメンバーと連携してオカルトに関わる事件を解決していく役どころ!

⑤IMG_8926672.jpg

とってもクールなキャラクターですが、主人公・宮古新のお悩み相談を聞く“釣りのシーン”も見どころのひとつです!

⑥IMG_8975672.jpg
⑦IMG_9099672.jpg

舞台「真夜中のオカルト公務員」

公演期間:2020年10月29日(木)~11月7日(土)


劇場:新宿FACE

- イントロダクション -
フツーの公務員になったはずの新宿区役所職員・宮古新が配属されたのは、
東京23区すべての区役所に人知れず存在する「夜間地域交流課」だった。
そのお仕事は、人ならざる者が関与するオカルト的事象の解決。

先輩で課のリーダー榊京一、オカルトマニア姫塚セオに連れられて
人の世の理を超越した存在と対峙しに、夜な夜な出勤する。

▽舞台「真夜中のオカルト公務員」オフィシャルサイト
http://www.wup-e.com/mayonaka-stage/
▽舞台「真夜中のオカルト公務員」オフィシャルTwitter
https://twitter.com/mayonaka_stage

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./