平岡祐太の人生選択を迫られた瞬間とは?映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」初日公開記念舞台挨拶

平岡祐太が出演する、映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」が4月2日(金)より全国公開となりました!
主演の栗山千明さん、井上昌典監督とともに、平岡が登壇した、初日公開記念舞台挨拶の模様を動画でご覧ください。

映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」は、「食」を支える農業という職業の魅力を軸に描かれる「種まく旅人」シリーズの4作目。
今回のシリーズでは、石川県金沢市の伝統野菜でもある「加賀れんこん」をテーマに、後継者不在に悩む農業の現実を見つめなおす重厚な物語が描かれます。
平岡は、父が倒れたことでレンコン農家を継ぐのか選択を迫られる銀行マンの山田良一を演じています。

舞台挨拶では、栗山さんと共演した印象や、撮影エピソードについて語っています。
また、本作にちなんで「人生の選択を迫られた瞬間」について18歳のときのエピソードを明かしています。

映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」

4月2日(金)より全国公開!

ストーリー:
大学卒業後、大阪・堺市で銀行マンとして働く山田良一(平岡祐太)にある日、故郷の金沢でれんこん農家を営む母から「父親が脳梗塞で倒れた」と電話が入る。父・竹市が倒れたことにより、畑を引き継ぐか売却か二択を迫られる良一。結婚を考えている恋人のこともあり、なかなか決断できない。戸惑いなが
らも父に代わって畑へと向かう良一の姿に、不安と苛立ちを募らせる恋人。一方、農林水産省かられんこん農家の視察として神野恵子(栗山千明さん)が金沢へとやって来るのだった――。農業が繋いでいくそれぞれの思いは、どんな結末を見出してくれるのか――。


▽映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」オフィシャルサイト:
https://tanemaku-tabibito.jp/
映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」オフィシャルTwitter:
https://twitter.com/tanemaku_movie
映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」オフィシャルInstagram:
https://www.instagram.com/tanemaku_movie/

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./