清原果耶のお気に入り"胸アツ"シーンは!? 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」公開記念イベント

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」の公開記念イベントが6月6日(日)に行われ、主演の山﨑賢人さん、藤木直人さん、夏菜さん、高梨臨さん、三木孝浩監督とともに、清原果耶が登壇しました。

1956年にアメリカで発表されて以来、60年以上経つ今でも色褪せない、ロバート·A·ハインライン氏が書いた伝説の小説「夏への扉」。
舞台を日本にし、罠にはめられすべてを失った科学者が、1995年から2025年へときを超え大切な人を救う物語です。

孤独に生きてきた科学者・宗一郎(山﨑さん)が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子を清原が演じています。

公開記念イベントが行われたのは、東京タワーの下。
ときを超えるラブストーリー…ということで、“恋の色”=ピンク色に東京タワーをライトアップさせてスタートしました!
出演者からはお気に入りの“胸アツ”シーンを紹介!
本作のクライマックスには、サプライズが待っている…ということで、身の回りで起きたサプライズを発表したりも…ぜひ清原の答えは動画にてご覧ください。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」

2021年6月25日(金) 公開

ストーリー:
将来を期待される科学者の高倉宗一郎(山﨑賢人さん)は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。
早くに両親を亡くしずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子(清原果耶)と愛猫ピートを、家族のように大事に思っていた。
しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。
目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京。
宗一郎は研究も財産も失い、璃子は謎の死を遂げていた――。
失って初めて、璃子が自分にとってかけがえのない存在だったと気づく宗一郎。
人間にそっくりなロボット(藤木直人さん)の力を借り、30年の間に起こったことを調べ始めた宗一郎は、ある物理学者にたどり着く。
驚きの事実を知った宗一郎は、再び1995年へとときを超える。
ただ、璃子を救うために――

▽映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」オフィシャルサイト
https://natsu-eno-tobira.com/
映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」オフィシャルTwitter
https://twitter.com/natsu_doormovie
映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/natsu_doormovie/

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./