舞台制作作品

アーカイブ検索

2021

Broadway Musical「The PROM」Produced by 地球ゴージャス

【公演詳細】
公演日:2021年3~4月
会場:東京・TBS赤坂ACTシアター

公演日:2021年5月
会場:大阪・フェスティバルホール

【出演】
葵わかな/三吉彩花/大黒摩季・草刈民代・保坂知寿(トリプルキャスト)
霧矢大夢/佐賀龍彦(LE VELVETS)・TAKE(Skoop On Somebody)(ダブルキャスト)
岸谷五朗・寺脇康文 ほか

【スタッフ】
脚本・作詞:ボブ・マーティン/チャド・ ベゲリン
音楽:マシュー・スクラ―
作詞:チャド・ ベゲリン
日本版脚本・訳詞・演出:岸谷五朗
企画・製作:株式会社アミューズ

【主催】
株式会社アミューズ

INTRODUCTION

2019年、ブロードウェイの話題をさらった新作ミュージカルが早くも日本初演!
地球ゴージャスが初のブロードウェイミュージカルに挑戦。
葵わかなと三吉彩花が逆境を乗り越える LGBTQのカップルを熱演!


■STORY
インディアナ州の高校に通うエマ(葵)は、卒業パーティ(プロム)に同性の恋人の同伴を求めたために、プロムが中止になってしまい、そのことを恨むクラスメイトからのいじめにあっていた。
そんな中、ブロードウェイではディーディー・アレン(大黒・草刈・保坂)とバリー・グリックマン(岸谷)の新作ミュージカルが酷評される。かつて人気を誇ったが現在は旬を過ぎている2人はイメージ回復を図るため、同業の友人であるトレント・オリビエ(寺脇)と、アンジー・ディクソン(霧矢)とともに、何か人助けができないか、社会運動のネタを探し、SNSでインディアナの田舎に住むレズビアンの高校生エマのことを知る。
校長のホーキンス先生(佐賀・TAKE)はエマの味方だったが、プロム開催についてPTAとの話し合いをしている最中に、ニューヨークからやってきたディーディー、バリー、アンジー、トレントが登場し、話し合いはめちゃくちゃになってしまう。
エマの彼女は、実は、PTA会長の娘アリッサ(三吉)だった。クローゼットな彼女は、プロム事件が話題になりすぎていることでエマを責めるが、エマ自身は有名になりたいわけでもなく、ただアリッサと二人で静かに踊りたいだけだった…。

ミュージカル「The Illusionist-イリュージョニスト-」

【公演詳細】
公演日:2021年1月後半上演予定
会場:日生劇場

【出演】 
海宝直人・成河・愛希れいか・栗原英雄/濱田めぐみ ほか

【スタッフ】
脚本:ピーター・ドゥーシャン
作詞・作曲:マイケル・ブルース
演出:トム・サザーランド
原作:ヤーリ・フィルム・グループ制作映画「幻影師アイゼンハイム」
スティーヴン・ミルハウザー作「幻影師、アイゼンハイム」
企画・製作:梅田芸術劇場

【主催】
梅田芸術劇場/アミューズ

STORY

舞台は19世紀末、ウィーン。栄華を極めたハプスブルク帝国の斜陽。イリュージョニスト・アイゼンハイム(海宝直人)は、興行主ジーガ(濱田めぐみ)と共に世界中を巡業していた。ウィーンでの公演中、偶然にもアイゼンハイムは幼い頃恋心を寄せ合った公爵令嬢、ソフィ(愛希れいか)と再会する。だが、ソフィはオーストリア皇太子レオポルド(成河)の婚約者となっていた。傾国の危機を救うために、過激な思想に傾倒する皇太子。ソフィはそんな皇太子の熾烈な正義感に疑念を抱いていた。ひそかに逢瀬を重ね、変わらぬ愛を確かめ合うアイゼンハイムとソフィ。だが、二人の密会を知った皇太子は、怒りのあまり剣を手にソフィの後を追う。その夜、ソフィは死体となって発見される。事件の真相を探るウール警部(栗原英雄)は、様々な証言から徐々にソフィ殺害の深層に近づいて行く…。目の前に見えているものは果たして真実か?それとも虚偽なのか?

2020

ミュージカル「35MM: A MUSICAL EXHIBITION」

【公演詳細】
公演日:2020年10月31日(土)~2020年11月1日(日) *全4公演
会場:東京・TBS赤坂ACTシアター

【出演】
成河・鞘師里保・水田航生・実咲凜音・内海啓貴・ダンドイ舞莉花・福井晶一

【スタッフ】
作詞作曲:ライアン・スコット・オリヴァー
写真:マシュー・マーフィー
訳詞:辛 源
演出・振付:TETSUHARU
音楽監督:岩崎 廉

【主催】
株式会社アミューズ/ぴあ株式会社/株式会社シーエイティプロデュース

STORY

ブロードウェイの名作舞台の写真を多く手掛ける若手天才写真家マシュー・マーフィーと、彼の夫であり新進気鋭の作詞作曲家ライアン・スコット・オリヴァーのコラボレーションにより生まれた、ソングサイクルミュージカル。
様々な愛の形、苦悩、狂気を、マシューの撮った写真をモチーフに、ライアンが作詞作曲した楽曲をオムニバス形式で綴る。

ミュージカル「フラッシュダンス」

【公演詳細】
公演日:2020年9月12日(土)~2020年9月26日(土)
会場:東京・日本青年館ホール

公演日:2020年10月3日(土)~2020年10月4日(日)
会場:名古屋・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

公演日:2020年10月8日(木)~2020年10月11日(日)
会場:大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【出演】
愛希れいか・廣瀬友祐・桜井玲香・福田悠太(ふぉ~ゆ~)
植原卓也・Dream Shizuka・石田ニコル・なだぎ武・秋園美緒・松田 凌・大村俊介(SHUN)/春風ひとみ ほか

【スタッフ】
日本版脚本・訳詞・演出:岸谷五朗
脚本:トム・へドリー(映画「FLASHDANCE」)&ロバート・ケイリー
音楽:ロビー・ロス
作詞:ロバート・ケイリー&ロビー・ロス
原作:トム・へドリー&ジョー・エスターハス作
パラマウント・ピクチャーズ映画「FLASHDANCE」
企画・製作:株式会社アミューズ

【主催】
東京公演:アミューズ
名古屋公演:サンデーフォークプロモーション
大阪公演:梅田芸術劇場

STORY

1983年、ペンシルベニア州ピッツバーグ。

昼は製鉄所、夜はバーのフロアダンサーとして働くアレックス(愛希れいか)は、日々プロのダンサーになることを夢みて暮らしていた。そんなアレックスに製鉄所の御曹司、ニック・ハーレイ(廣瀬友祐)は一目惚れをする。一方、同じくプロのダンサーを目指す親友のグロリア(桜井玲香)からダンスの名門学校・シプリーアカデミーのオーディションを受けることを勧められるアレックス。ダンスの恩師であるハンナ(春風ひとみ)からも背中を押され、意を決してオーディション会場を訪れるが、周りの熟練ダンサーたちを目の前にして自信を無くし、逃げ出してしまう…。

舞台「WASABEATS featuring Love Junx」

【公演詳細】
公演日:2020年8月25日(火)~2020年8月30日(日) 
会場:神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

【出演】
千葉涼平(w-inds.)・待寺優(Love Junx)・Toyotaka(Beat Buddy Boi)・HILOMU・
RYO(Beat Buddy Boi)・Dolton・KENTA・GeN・泉亘輝(Love Junx)・
井上蓮(Love Junx)・嘉藤聡(Love Junx)・熊田凌亮(Love Junx)・牧野アンナ/
植木豪(PaniCrew)

【スタッフ】
構成・演出:植木豪(PaniCrew)
音楽監督:KEN THE 390
テーマ曲:井手コウジ
朗読:牧野アンナ
振付:WASABEATS CREW

【主催】
株式会社アミューズ 

世界一のタイトルをとったダンサーたちが集結した‘WASABEATS CREW’による、超人的なダンスパフォーマンスと、革新的なプロジェクションマッピングで楽しむダンススペクタクルショー!ダウン症のある方のための世界で初めての本格的なエンターテインメントスクール「Love Junx」と初コラボレーション!!

STORY

本来は筋肉の力が弱いと言われていたダウン症のある子が、テレビでダンスを見たことをきっかけにダンサーになることを夢みる。ダンスへの情熱、弛まぬ努力…
そして、彼は世界の固定観念を覆していく――。

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./