甲斐翔真出演!第22回東京フィルメックス開会式 映画「偶然と想像」舞台挨拶

濱口竜介監督初の短編集、映画「偶然と想像」が12月17日(金)全国公開!
公開に先駆けて舞台挨拶が行われ、古川琴音さん、玄理さん、渋川清彦さん、占部房子さん 河井青葉さん、濱口竜介監督、プログラム・ディレクターを務めた神谷直希さん、そして第二話に登場するゼミ生・佐々木演じる甲斐翔真が登壇しました。

「偶然」をテーマに3つの物語が織りなされる、濱口監督初、そして自身が「このスタイルをライフワークとしたい」と語る「短編集」となっています。
ぜひ動画にて舞台挨拶の様子をご覧ください。

映画「偶然と想像」

2021年12月17日(金) 全国公開

出演:古川琴音・中島歩・玄理・渋川清彦・森郁月・甲斐翔真・占部房子・河井青葉
監督・脚本:濱口竜介
制作プロダクション:NEOPA fictive
配給:Incline

「第22回東京フィルメックス」
会期:10月30日(土)~11月7日(日)
会場:有楽町朝日ホール(メイン会場)/ヒューマントラストシネマ有楽町(レイトショー)
上映プログラム:東京フィルメックス・コンペティション、特別招待作品、メイド・イン・ジャパン部門プレ・オンライン配信を合わせた「全27作品」

▽「第22回東京フィルメックス」オフィシャルサイト
https://filmex.jp/2021/

▽ストーリー
第一話「魔法(よりもっと不確か)」
撮影帰りのタクシーの中、モデルの芽衣子(古川琴音さん)は、仲の良いヘアメイクのつぐみ(玄理さん)から、彼女が最近会った気になる男性(中島歩さん)との惚気話を聞かされる。つぐみが先に下車したあと、ひとり車内に残った芽衣子が運転手に告げた行き先は──。
第二話「扉はあけたままで」
作家で教授の瀬川(渋川清彦さん)は、出席日数の足りないゼミ生・佐々木(甲斐翔真)の単位取得を認めず、佐々木の就職内定は取り消しに。逆恨みをした彼は、同級生の奈緒(森郁月さん)に色仕掛けの共謀をもちかけ、瀬川にスキャンダルを起こさせようとする。
第三話「もう一度」
高校の同窓会に参加するため仙台へやってきた夏子(占部房子さん)は、仙台駅のエスカレーターであや(河井青葉さん)とすれ違う。お互いを見返し、あわてて駆け寄る夏子とあや。20年ぶりの再会に興奮を隠しきれず話し込むふたりの関係性に、やがて想像し得なかった変化が訪れる。

▽映画「偶然と想像」オフィシャルサイト
https://guzen-sozo.incline.life/

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./