3.市場環境

お伝えしたいこと

エンターテインメントビジネスは、まだまだ伸びしろがある

インターネットやSNSの普及によって、私たちの事業環境は大きく変化し続けています。CDや映像パッケージの売上が縮小する一方で、新しいメディアやデバイスの出現は私たちにとっては追い風でもあります。また、デジタル化する時代の中で創業以来アミューズが大切にしてきた「ライブ」の価値が、ますます高まってきています。

ライブ市場は復調傾向

2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大により前期比21.3%と大打撃を受けたライブ市場ですが、2021年度は前期比196%と復調に転じました。当社イベント収入も大型ツアーなどの再開に伴い、前期の約2倍にまで回復しております。オンラインライブのスキームも活用しながら新たなライブエンターテインメントの届け方を追及するとともに、一日も早い業績回復に努めて参ります。

ライブ市場規模/当社イベント収入

<出典:「コンサートプロモーターズ協会 基礎調査報告書」をもとに当社作成>

  • 当社数値は連結財務諸表数値をもとにしております。
  • コンサートプロモーターズ協会のデータは、正会員社のみのデータになります。

広告市場はインターネット広告の急伸とともに引き続き拡大

広告市場は中長期的には拡大傾向にあると言えます。中でも成長が顕著なインターネット広告は社会のデジタル化加速が追い風となり、2021年度はマスコミ四媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビメディア)広告費を初めて上回る結果になりました。当社でも出演・CM収入は堅調に推移しておりますが、今後はデジタル領域においてもさらに期待ができます。

広告市場規模/当社出演・CM収入

<出典:電通「2020年 日本の広告費」をもとに当社作成>

  • 当社数値は連結財務諸表数値をもとにしております。
  • 「出演・CM収入」にはCM収入の他に、TV映画などの出演料収入が含まれます。

音楽販売市場はストリーミングの拡大がキードライバーに

縮小するパッケージ市場に対して存在感を増してきたのが、世界の音楽コンテンツ収益の6割超を占めるまでに成長したストリーミング市場です。日本でもCDはシュリンク傾向にありますが、ストリーミングを中心とする配信市場は拡大を続けています。特にサブスクリプションの隆盛により、過去楽曲の価値も見直され新たな収益源となるとともに、アーティストの国内外での飛躍のチャンスが広がっています。

楽曲販売市場規模/当社印税収入

<出典:「日本レコード協会 統計情報」をもとに当社作成>

  • 当社数値は連結財務諸表数値をもとにしております。
  • 「印税収入」には、新譜・旧譜の印税収入が含まれます。
楽曲配信市場規模

<出典:「日本レコード協会 統計情報」をもとに当社作成>

  • 集計方法の変更に伴い、2017年よりサブスクリプション売上は「ストリーミング」中「サブスクリプション/音楽」「サブスクリプション/音楽ビデオ」の合計額を記載しております。

投資をお考えの皆様へ

アミューズを知る6つのポイント

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./