PARCO MUSEUM TOKYOにて折坂悠太展「薮IN」が5月13日(金)より開催!折坂悠太展 「薮IN」内覧会レポート到着!!

折坂悠太による初の展覧会である「薮IN」が、本日5月13日(金)より5月30日(月)までの間、渋谷のPARCO MUSEUM TOKYOにて開催されます。開催に先がけて行った内覧会の様子をレポートします。

これまでに「平成」、「心理」といった音楽作品のほか、映画の劇伴音楽やCM曲を手がけるなど活躍の幅を広げている折坂が、新たな表現として、展覧会を初開催。彼のこれまでの音楽作品群と並べて、最新作という位置付けで発表された今回の折坂悠太展「薮IN」は、タイトルにもあるように「薮」をテーマとしたものとなっていて、エントランスから中は黒く覆われ、ブラックボックスのようになっています。

★薮手記_1.jpg

会場に入ってすぐ位置するのは「360 Reality Audio Room」。折坂の最新作アルバム「心理」と昨年開催されたホールツアーのライブ音源が、まるで360度全方位から鳴っているような立体音響体験できるスペースとなっています。部屋の四方にスピーカーが設置され、3壁面を使ってプロジェクションされた映像とともに高音質での臨場感が楽しめ、今回の展示の主役である折坂がどういった音楽家であるかのイントロダクションとなっています。

★360 Reality Audio Room_1.jpg

「360 Reality Audio Room」を出て、壁に書かれた「薮IN」の文字とともに本展示が始まります。折坂による手書きのステートメントが本企画の主旨を伝えるとともに、直筆の文字の先に配されている鏡が、これから薮に入っていく自身の姿を映し出します。明滅する頼りない街灯の下を進んだ先には、実際の薮に分け入っていく折坂を捉えた映像作品が展示されています。映像を横目に暗がりの道をさらに歩いていくと、草木が擦れる音と鼻歌がどこからか聴こえてきます。なおも暗い坂道を緩やかに登っていくと、いよいよPARCOの一角とは思えないような、薮が待ち構えています。

★薮_1.jpg
★薮_2.jpg
★薮_3.jpg
★薮_5.jpg
★薮画面.jpg

詳しい薮の様相は、実際に来場しての体験をお勧めするとして、内覧会では、会期中も何度か不定期に行うという、折坂によるインスタレーションのパフォーマンスも行いました。薮内にある流木で組まれたやぐらの下に胡座をかいた折坂は、さまざまな声の表現を用いながら、薮の自然音とのセッションを行なっていきます。おそらくは今回の展示に寄せて書いたと思われる詩の朗読も交えながら、パフォーマンスも変化していきます。折坂は演奏後、今回の展示について「一体どのように説明すればよいか今日まで考えてきましたが、あんまりそれを言葉にしたり、あまりにも上手いことを言えたら、失敗なんだと思います」とし、「会期中、薮は変わっていきますし、私も変わっていきます。世界も変わっていくし、皆さんも変わっていくんだと思います。そういう変化をみんなで楽しめたらいいんじゃないかと思います」と口にしました。

今回の展覧会に合わせて、折坂初の書籍作品「薮IN」も会場にて先行販売を行います。今回の展覧会の着想ともなった同名の短編小説「薮IN」を含む全7編の作品と3つのコラムが全編書き下ろしで収録されています。いわば、この展覧会の対となるようなこの書物も、より展示内容を楽しむ上での手がかりとなるでしょう。書籍作品「薮IN」の一般発売は6月1日(水)を予定しています。

★折坂悠太_2.jpg
★折坂悠太_3.jpg

折坂悠太展「薮IN」

2022年5月13日(金)~5月30日(月) 開催

★薮IN_展覧会キービジュアル.jpg

会場:PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
会期:2022年5月13日(金)~5月30日(月)11:00~20:00
※閉場30分前まで入場可能。
※最終日は18:00閉場となります。
※営業日時は感染症拡大防止の観点から変更となる場合があります。
入場料:一般 800円(税込) / 小学生以下無料

▽折坂悠太展「薮IN」オフィシャルサイト
https://art.parco.jp/

折坂悠太が手がける最新作品としての展示。
会場ではタイトルにもある”薮”をテーマに、360 Reality Audioによる立体音響体験や、映像を使った表現や、折坂自身によるインスタレーションやパフォーマンスなど、会期中もその形態が日々変化していく体感型の展示となります。

★360RA_ロゴ.jpg

360 Reality Audio
360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)
「全方位から音が降りそそぐ、新体験。」360 Reality Audioは、オブジェクトベースのソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験です。
ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できます。

詳細:https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

★展覧会記念商品_イメージ.jpg

展覧会開催を記念し、会場内にて展覧会記念商品を販売。
全商品の詳細情報は、PARCO ARTオフィシャルサイトにて公開中です。

※画像はイメージです。
※商品の数には限りがございますので、売切れの際はご容赦ください。

★薮IN表紙.jpg

書籍「薮IN」
価格:2,500円(税込)
仕様:200ページ/110×160mm/並製本
編集:高宮 啓
デザイン:鈴木 聖
出版元:REPOR / TAGE
一般販売日:2022年6月1日(水)

※展覧会場内SHOPにて書籍の先行販売。
※また数量限定でサイン本をご用意。
短編小説「薮IN」を始め、エッセイ、論考、対話など様々なスタイルの文章を折坂悠太が書き下ろした初の著書。ゲスト作家として塩田正幸(写真家)、坂口恭平(建築家、作家、音楽家、画家)、イ・ラン(音楽家、作家、イラストレーター)も参加するオムニバスブックとなる。

▽あらすじ
叔母の火葬のため郊外の駅で待ち合わせた姉と弟(主人公)。 弟が遅れ、バスが行ってしまったため、起伏の多い田舎道を二人で歩いて向かう事になる。
主人公には子供が生まれたばかりで、姉から祝いの言葉をもらいつつ、お互いの近況、生活の様子などを話しながら歩いていくが、 次第に姉弟は育ってきた家族感に対して何か感覚のずれがある事が段々と分かっていく。そんな中、火葬場へ向かう姉弟の前に突如あるものが現れて…。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./