オカダ・カズチカ『「リング」に立つための基本作法』出版記念トークセッションレポート

12月26日(日)幻冬舎にて、テレビ・新聞・雑誌・ウェブメディアを対象にしたオカダ・カズチカ著『「リング」に立つための基本作法』出版記念トークセッションが行われました。

TOPICS_oka1201.jpg

午後1時、オカダが登壇、トークセッションがスタート。
まずは発売した本について、オカダが振り返りました。
本を開き、歩き姿の自分を見るオカダ。「この最初の写真の僕、カッコいいですよね」自画自賛していました。
「(撮影した)この日、土砂降りだったんですよ。でも、撮影の時間には雨が上がって、空には虹がかかって、やっぱり、持ってるな、と思いましたね」満足そうな笑顔を見せました。
そして、文章については…「活字になっても、オカダ・カズチカはオカダ・カズチカだな、と思いましたね。僕、あまり挫折したことがなくて、そういう話も本の中にはあったほうが本当はよかったんですけれど、あまりなくて」と語っていました。

TOPICS_oka1202.jpg

2021年、オカダは新日本プロレスの最強戦士を決めるリーグ戦「G1 CLIMAX 31」で見事優勝を飾りました。1か月にわたるリーグ戦では、特別の思いがあったそうです。
「初戦は大阪で、棚橋(弘至)さんと闘いました。最初に僕が入場して、リング上で棚橋さんを待っているときに、10年前の大阪がよみがえりましたね。あの日、初めてのIWGPヘビー級王座のタイトルマッチで、チャンピオンは棚橋さん。チャレンジャーの僕が先に入場して待っていました。今回のG1も僕が先に入場して、10年前と同じ風景。ちょっと泣きそうになりました。泣いてないですけどね(笑)」と言っていました。
また、後楽園ホールでのYOSHI-HASHI戦もジーンときたそうです。
「YOSHI-HASHIさんとはほぼ同期です。僕はYOSHI-HASHIさんの少しあとに新日本プロレスに入門しました。道場では僕たちだけがデビューしていなくて。デビュー前の練習生は外出禁止なんです。2人で洗濯をして、2人で掃除をして、2人でちゃんこ番をしていました。寮も同じ部屋です。デビュー後は、第0試合でYOSHI-HASHIさんと何度も何度も闘いました。だから、G1 CLIMAX 31でタックルにいったとき、組んだとき、これがYOSHI-HASHIさんだな、と。場所も後楽園ホールだったので、懐かしい気持ちになりましたね。入門して15年を経て、僕たちもG1の舞台で闘うようになったんだ、と感慨がありました」

TOPICS_oka1203.jpg

『「リング」に立つための基本作法』では、昭和プロレスのレジェンド、アントニオ猪木さん、天龍源一郎さんについても書いています。
「猪木さんのことは、若手のころからずっと気になっていました。僕が新日本に入門したときは、道場に猪木さんの写真が飾られていたんです。でも、いつのまにかなくなり、新日本のライオンのマークに替わっていた。会えない存在なのかな、と思っていました。初めてお目にかかったのは2017年のテレビ番組『プロレス総選挙』のときです。その後食事会でもお話しました。猪木さんが昔のエピソードを話してくれて、知ってるか?と。僕が生まれる前の話なので、すみません、知りません!と言うと、猪木さんが長州力さんを呼んで、長州さんが説明してくれたので、申し訳なくて」
いま病床にある猪木さんは、テレビ番組やYouTubeでありのままの自分で出演し、話をしています。
「みんなを元気にしてくれるのが猪木さん。回復して元気な姿を見せていただきたいです。元気があればなんでもできますからね。また会場にも来てもらえたら」
また、オカダは天龍さんと、天龍さんの引退試合で闘っているのですが、そのことについては、「ふつう引退試合はかつて闘った同世代の選手とやりますよね。でも、天龍さんは現役のトップレスラーの僕を相手に選びました。しかも、本気で勝つ気で向かってきて、カッコよかったです。すごい選手でした」と振り返りました。

TOPICS_oka1204.jpg

著書でも打ち明けていますが、オカダは毎日日記を書いています。身長191センチ、体重107キロのオカダが、その日の出来事を細かくつけている姿は想像できません。
「タブレットに、よかったことは赤で、残念だったことは青で書いています。この本には書いていないんですけど、最近、運のよかったことも書くようにしているんです。たとえば、右脚をけがしたら青ですよね。でも、左脚が元気ならば闘えるので、運がよかったな、と。そうするとプラスマイナスでプラスになって、毎日が幸せでいられます」と、日記のウラ話も。
また、プライベートの話では、失恋についても…!
「本にも書いていて、実は妻が読んだらどう思うかな、ヤキモチを妬くかな、と心配していました。でも、僕が出かけているときに読んだみたいで」と、ありのままの夫を受け入れてくれたそうです。
「こういう失敗をいろいろしてくれてたから今のあなたがいるんだね、と言ってくれました」と、奥様から言われたことを明かしました。

出版記念トークセッションでは、2022年への意気込みについても語りました。2022年1月4日(火)、東京ドームで開催される「WRESTLE KINGDOM 16」で、オカダは鷹木信悟さんとIWGP世界ヘビー級王座のタイトルマッチを行います。
「2021年、鷹木さんには分が悪くて、2度負けています。強くなっているのを感じます。でも、イッテンヨンではきっちり勝たなくてはと思っています。ただ、気負いはないですけれどね」
また、鷹木戦に勝つと、翌1月5日(水)はウィル・オスプレイ選手とのIWGP世界ヘビー級選手権試合に。そのことについては、「オスプレイはかつて、僕の弟分的な存在でした。でも、裏切られたわけです。ちょっとむかつきはしましたけれど、彼は彼なりにレスラーとしての考えがあったことは今では理解しています。僕と決別してから、オスプレイはさらに強くなっていますが、イッテンゴで闘ったら、しっかり勝つつもりでいます」と話しました。
2022年は新日本プロレス設立50年の記念の年。そしてオカダが初めてIWGPヘビー級のベルトを巻いて10年の年でもあります。
「新日本の50周年は、正直なところ、それほど意識はしていません。周年の年も、そうでもない年も、闘うことには変わりありませんから。でも、新日本の長い歴史の中で、名レスラーと言われた人、たくさんいらっしゃいますよね。アントニオ猪木さん、藤波辰爾さん、長州力さん、武藤敬司さん、蝶野正洋さん、橋本真也さん、棚橋さん、そして僕、今の時代になるわけですけど…。その歴史のなかに自分の名前も刻まれたら、それは名誉だと感じています」と最後に語って、トークセッションは終了しました。

この模様は、後日アミューズYouTubeチャンネルで動画でもアップ予定です!
ぜひお楽しみに。

TOPICS_oka1205.jpg

オカダ・カズチカ著『「リング」に立つための基本作法』

TOPICS_okadabook.jpg

2021年12月25日(土) 発売
仕様:四六版変形 260頁
価格:1,600円(税別)

▼目次
【内面についての改造計画】
自分の商品価値は自分で管理/揺らぎそうなときは退路を断て/失恋から己を知る/重圧がかかる場面ならではのチャンス/女性が女性らしくいられるように最大限の努力をする/SNSとの距離/人生を豊かにする日記の効用 ほか
【外見についての改造計画】
スーツで心を整える/フェラーリに乗る理由/あえてブランド品を持つ/ピンクのカルバン・クラインのパンツをはく理由 ほか
【特別コラム1】アントニオ猪木さんについて思うこと
【特別コラム2】天龍源一郎さんから学んだこと ほか

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./