寺脇康文出演!ミュージカル「マイ・フェア・レディ」初日前会見

ロンドンを舞台に、下町の花売り娘が、言語学者のレッスンで見違えるように麗しい貴婦人へと変貌していく――。

11月14日(日)から帝国劇場にて上演がスタートした、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」。
開幕を前に、Wキャストで主演の朝夏まなとさん、神田沙也加さん、別所哲也さん、前山剛久さん、寺西拓人さんとともに寺脇康文が初日前会見に登壇しました。

TOPICS_MFL01.jpg

寺脇が本作に出演するのは、今回で4回目。別所さんとWキャストでヒギンズ教授を演じます。4回目ということで、「新装バージョンでG2さんの演出になって4度目の上演で、1作目から出させていただいています。この作品は、2つの“深み”がありまして、1つは脚本の“深み”。4回やってもまだ気づくところがあって、“やっとわかった”ということがあったり、“ここはこういうことだったのか”ということがあったり、セリフも“こういうことだったのか”と感じたり、そういう深みを感じています。もう1つは感情の“深み”。“ここはこういう気持ちだったのか”とまた発見する。そういう2つの“深み”がある作品だなあと思っています。これをまた帝国劇場という歴史ある劇場で演じられることが嬉しいです」と、参加の意気込みを語りました。

コロナ禍での公演は稽古場でもマスク着用を徹底していて、対策を強化中。今までは“食”も地方公演の楽しみの1つだったのですが、そこも今回は自粛…ということに関しては、「地方は…本当は美味しいものを食べたいけれども、いまは我慢のときですね。まずは、それぞれの土地のお客様と会えるっていう、これを幸せと感じると思います。それを1番のお土産にしたいと思っています」と、まずは公演にお越しいただく皆様と会えることを楽しみにしていた、寺脇。ぜひ、地方公演にお越しの方も楽しみにお待ちください。

TOPICS_MFL02.jpg

今年はどんな年だったか、漢字一文字で表すと、、、という質問に対して、寺脇の回答は【雨】。
「今年は、試練の“雨”が降り続いた年でした。たまには雨に濡れたり、でも頑張って傘をさしたり、合羽着たり…。でも頑張ってみんなで試練の雨をなんとか踏みとどまった。そんな1年だったと思います。その中でもできることを考える、その雨を受け入れながら頑張った1年だと思います。ぜひ来年は…“晴(れ)”を!“雨”から“晴(れ)”になればいいなと思います」と話しました。

TOPICS_MFL03.jpg
TOPICS_MFL04.jpg

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」

【東京公演】
公演日:2021年11月14日(日)~11月28日(日)
会場:帝国劇場

【埼玉公演】
公演日:2021年12月4日(土)
会場:ウェスタ川越大ホール

【岩手公演】
公演日:2021年12月10日(金)・12月11日(土)
会場:盛岡市民文化ホール

【北海道公演】
公演日:2021年12月17日(金)~12月20日(月)
会場:札幌文化芸術劇場 hitaru

【山形公演】
公演日:2021年12月25日(土)・12月26日(日)
会場:やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

【静岡公演】
公演日:2022年1月1日(土)~1月3日(月)
会場:静岡市清水文化会館マリナート

【愛知公演】
公演日:2022年1月6日(木)・1月7日(金)
会場:愛知県芸術劇場大ホール

【大阪公演】
公演日:2022年1月12日(水)~1月14日(金)
会場:梅田芸術劇場メインホール

【福岡公演】
公演日:2022年1月19日(水)~1月28日(金)
会場:博多座

脚本・歌詞:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽:フレデリック・ロウ
翻訳・訳詞・演出:G2
製作:東宝

出演:朝夏まなと/神田沙也加(Wキャスト)
   寺脇康文/別所哲也 (W キャスト)
   相島一之/今井清隆/前山剛久/寺西拓人/春風ひとみ/伊東弘美/前田美波里 ほか

▽ストーリー
コベント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウス。終演後、劇場から流れ出てきた紳士淑女は、われ先にとタクシーを呼び止めようとしている。そんな人々にスミレの花を売り歩いているのはイライザ・ドゥーリトル(朝夏まなとさん/神田沙也加さん)。煤と埃にまみれお世辞にも魅力的とはいえない。タクシーを拾うのに気をとられていたフレディ(前山剛久さん/寺西拓人さん)はイライザにぶつかり、売り物の花が散らばってしまう。思わずフレディと母のアインスフォードヒル夫人(伊東弘美さん)を怒鳴るイライザ。その言葉はロンドンの下町言葉・コックニー訛りがひどく、とても聞けたものではない。そこへ通りかかったヒュー・ピッカリング大佐(相島一之さん)はイライザに花を売りつけられるが、その一部始終を物陰で手帳に書きとっている男がいた。男の正体は言語学者のヘンリー・ヒギンズ教授(寺脇康文/別所哲也さん)。あまりにイライザの話し言葉がひどいので、研究用に書き取っていたのだ。自分なら6か月以内に宮殿の舞踏会で踊る貴婦人に仕立てさせてみせる、と豪語するヒギンズの言葉に、イライザは興味深いまなざしを向ける。やがて意気投合したヒギンズとピッカリングは去っていった。

ヒギンズから思わぬ多額の稼ぎを手に入れ、上流社会の生活を夢見るイライザ。そんな彼女の前に清掃作業員の父アルフレッド・ドゥーリトル(今井清隆さん)が現れる。いつも娘から金をせしめようとする酔っ払いの父親にうんざりのイライザだが、そこは父娘の情。娘から銀貨1枚を受け取って、ドゥーリトルは大手を振ってパブへ入っていった。

翌日。ウィンポール・ストリートにあるヒギンズ家の書斎。ヒギンズはピッカリングを相手に研究成果を聞かせているところ。そこに家政婦のピアス夫人(春風ひとみさん)が来客を告げる。やって来たのは精一杯の盛装をしたイライザ。レッスン料を払うからちゃんとした花屋の店員になるために話し方を教えてほしいというのだ。そこでヒギンズは、ほんの思いつきだった、《下町娘を貴婦人に仕立てあげる》を実行に移すことにする。ヒギンズの大言壮語につられたピッカリングはそれまでにかかる費用を全部賭けようともちかける。

こうしてイライザの奮闘が始まった。来る日も来る日も発音の練習を続け、そしてある日、とうとう正しい発音をマスターしたイライザ。勝利の喜びに浸るヒギンズは、早速、母親(前田美波里さん)がボックスを持っている、紳士淑女の社交場・アスコット競馬へイライザを連れて行くことにするのだが…。

▽ミュージカル「マイ・フェア・レディ」オフィシャルサイト
https://www.tohostage.com/myfairlady/

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456789>./